コングヘッド

先日ボディ塗装したコングヘッド。せっかくですから外で撮影をば。
IMG_20171026_152441.jpg

フロントグリルに光が当たると、そりゃあもうキラキラです。
IMG_20171026_152546.jpg
ほぼ同じ構図で光源からずらしてみました。
IMG_20171026_152606.jpg
メッキ調塗料超いい仕事します。

もう1枚。
IMG_20171026_152458.jpg
こうしてみるとやはりコックピットとドライバーが欲しくなりますなあ。
スポンサーサイト

コングヘッド 塗装の巻

前回マスキングを終えたコングヘッド。
dfghhgfd (3)
それではチャチャっと塗装していきましょう。

ブルーが指定色ですが、今回はマイカレッドを本体色に。
さして難しいところもないので全体を塗装したらマスキングをはがしサテンシルバーアルマイトを。
rdhjfj (3)
はい、出来上がり。

さすがサテンシルバーアルマイト、グリルもペカペカ。
rdhjfj (7)

リアのロールバーもペカペカ。
rdhjfj (5)
どのくらいかというと
rdhjfj (6)
ホーラ、白魚のような指が映り込むくらいです。

デカールをチマチマ張って……
rdhjfj (9)
ハイ出来上がり。
rdhjfj (10)
後は付属のマフラーなどのパーツを取り付け、窓枠のマスキングをはがして完成です。めでたしめでたし。

ボディ製作のキモは、やはりマスキング。ここが終われば8割終了といってもいいでしょう。
皆様、くじけずにボディ製作頑張ってくださいませ。

コングヘッド マスキングの巻

その高性能かつオールマイティな走りで大人気のG6-01シャーシ。
fkyukuikui (2)
新ボディでの発売も発表されていますが、現在はトレーラーヘッドタイプのコングヘッドのみ。

しかしこのボディ欠点が……。塗装が大変です。すなわちマスキングが大変です。
極論すればサテンシルバーアルマイトを塗装する箇所のマスキングが最難関。

ですのでちょっと実践してみました。
こちらマスキング途中のコングヘッドボディ。
dfghhgfd (1)
塗装の順番は後方のブラック、本体色、サテンシルバーの順です。これはブラックの塗装を終えています。
窓はマスキングシートが付属しているのでノー問題。
フロントグリルも細切りマスキングテープでチマチマ貼っていけばそのうち終わります。後方のロールバー的な場所も、細切りマスキングでを貼り内側をペタペタ貼っていけば終了。
dfghhgfd (3)
すでに塗装済みのブラック部分も同じようにマスキングして塗装しました。
dfghhgfd (2)

さて問題は、
dfghhgfd (5)
ボディサイドの工具入れのようなタンクのような部分。ここもサテンシルバーのため一番最後に塗装しなければなりません。
しかも留め部分がボディ同色という……。

とりあえずやってみましょう。まず外側をマスキング。
dfghhgfd (7)
タミヤ製曲線マスキングテープを使用。これは優れものです。具体的には普通のマスキングテープの細切りとは比べ物になりません。
そして内側をマスキング。
dfghhgfd (4)
画像は左右反対ですが工程は同じです。
で、問題の留め具的な場所。
ここは刃を入れてしまいましょう。アートナイフで、
dfghhgfd (6)
エイヤッと切った後がこちら。ね、簡単でしょう。

後はボディをお好みの色で塗装してマスキングをはがし、サテンシルバーを塗装するだけ。
サテンシルバーは綺麗ですが塗膜が弱いため、塗装する順番が最後になります。他のボディを塗装するときにも、マスキングの順番をよく考えて行う必要がありますね。

今回の結論。
タミヤ製曲線マスキングテープは大変便利でした。

Dちゃんの日

明日は「Dちゃんの日」開催です。
ミニッツ夜勤はございませんのでご注意くださいませ。

M07

さて昨日やってきたM07。
ghshshhjytd (11)
組み立てにはおよそ4~5時間ほどかかるようです。

ですので今回はこちらに組み立て済みのものをご用意いたしました。
HI3G0001.jpg
ハイ!! こちらM07組み立て済みシャーシです。

イヤー大変でした、組み立ては……と、電職人さまがおっしゃられていました。
HI3G0002.jpg
組み立てありがとうございます。

ではザッと見ていきましょう。
シャーシ底面
HI3G0003.jpg
ブルーはモーターマウントの一部。その上の穴はそのままギアボックスにつながっています。そのためテープなどで塞がなければなりません(テープは同梱されていました)。

モーターマウントサイド
HI3G0005.jpg
画像ではよくわかりませんが丸いカバーパーツにTAMIYAの刻印がされています。

カバーを外したところ
HI3G0004.jpg
ピニオンギアとスパーギアが見えます。バックラッシュは自由調整式。上部の二つの穴も塞いだほうがいいでしょう。

はい、もう一回。
HI3G0001.jpg
タイヤ及びモーターは付属していませんでした。画像の540モーターは電職人様ご提供。ありがとうございます。

感想を一言で言えば「TA07FFミニ」でしょうか。シャーシ剛性は完成するとさらに上がっており、サスペンションもしなやかな動き。
現時点での弱点は、M03やM05のようにダート走行は無理そうかな、といったところ。

興味のある方は店頭に飾っておりますので、ぜひ実物をご覧ください。
プロフィール

くすのき

Author:くすのき
ラジコン天国徳山です
ラジコン、模型などの情報をお伝えしていきます

住所
山口県周南市清水町14

営業時間 AM10:00~PM8:00

休日 毎週火曜日(祝祭日は営業)年末年始

開催イベント

第1日曜日
1/10RC
タミヤチャレンジカップ開催

第2日曜日
ミニ四駆レース開催

第4日曜日
ミニッツレース開催 


お問い合わせ
TEL 0834-31ー9597
FAX 0834-31-9397

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる