明日は

京都のスーパーエキスパート中村氏ご一行と、タミヤワールドチャンピオンそめちゃん&八百屋のおっちゃんさんがご来店!

トップラジコン野郎と一緒に走れるチャンスです。

この機会にぜひ!
スポンサーサイト

明日は

明日10月8日は「ミニ四駆ステーションカップ ラウンド4」が開催されます。

10時半受付~11時開催予定ですので、ミニ四駆をお持ちの方おいでくださいませ。

本日の入荷

本日の入荷です。

ミニ四駆新製品 キャノンDボール
ghkhstrf (4)
残るはダンシングドールのみ。

ガレージヒロ エアロパーツ
ghkhstrf (1)
ルックスアップ、走行性能向上といいことずくめです。

ラップアップネクスト 3Dデカール
ghkhstrf (2)
実車のような、モールドの入ったライトレンズになります。

フタバ GYD450ジャイロ
ghkhstrf (3)
お手軽極楽に二駆ドリをキメられる高性能ジャイロ。評判いいですねえ。

その他、X4アドバンスやらマスターユニットやらいろいろ入荷しております。
皆様お越しくださいませ。

コングヘッド マスキングの巻

その高性能かつオールマイティな走りで大人気のG6-01シャーシ。
fkyukuikui (2)
新ボディでの発売も発表されていますが、現在はトレーラーヘッドタイプのコングヘッドのみ。

しかしこのボディ欠点が……。塗装が大変です。すなわちマスキングが大変です。
極論すればサテンシルバーアルマイトを塗装する箇所のマスキングが最難関。

ですのでちょっと実践してみました。
こちらマスキング途中のコングヘッドボディ。
dfghhgfd (1)
塗装の順番は後方のブラック、本体色、サテンシルバーの順です。これはブラックの塗装を終えています。
窓はマスキングシートが付属しているのでノー問題。
フロントグリルも細切りマスキングテープでチマチマ貼っていけばそのうち終わります。後方のロールバー的な場所も、細切りマスキングでを貼り内側をペタペタ貼っていけば終了。
dfghhgfd (3)
すでに塗装済みのブラック部分も同じようにマスキングして塗装しました。
dfghhgfd (2)

さて問題は、
dfghhgfd (5)
ボディサイドの工具入れのようなタンクのような部分。ここもサテンシルバーのため一番最後に塗装しなければなりません。
しかも留め部分がボディ同色という……。

とりあえずやってみましょう。まず外側をマスキング。
dfghhgfd (7)
タミヤ製曲線マスキングテープを使用。これは優れものです。具体的には普通のマスキングテープの細切りとは比べ物になりません。
そして内側をマスキング。
dfghhgfd (4)
画像は左右反対ですが工程は同じです。
で、問題の留め具的な場所。
ここは刃を入れてしまいましょう。アートナイフで、
dfghhgfd (6)
エイヤッと切った後がこちら。ね、簡単でしょう。

後はボディをお好みの色で塗装してマスキングをはがし、サテンシルバーを塗装するだけ。
サテンシルバーは綺麗ですが塗膜が弱いため、塗装する順番が最後になります。他のボディを塗装するときにも、マスキングの順番をよく考えて行う必要がありますね。

今回の結論。
タミヤ製曲線マスキングテープは大変便利でした。
プロフィール

くすのき

Author:くすのき
ラジコン天国徳山です
ラジコン、模型などの情報をお伝えしていきます

住所
山口県周南市清水町14

営業時間 AM10:00~PM8:00

休日 毎週火曜日(祝祭日は営業)年末年始

開催イベント

第1日曜日
1/10RC
タミヤチャレンジカップ開催

第2日曜日
ミニ四駆レース開催

第4日曜日
ミニッツレース開催 


お問い合わせ
TEL 0834-31ー9597
FAX 0834-31-9397

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる