FC2ブログ

2月月例レース

令和2年2月2日はミニ四駆レースでした。
IMG_20200202_101741.jpg
いつものように表彰台と
IMG_20200202_101802.jpg
ウェルカムうまい棒
IMG_20200202_102812.jpg
今回は納豆味、ウマー。

まずはオープンクラス
IMG_20200202_113139.jpg
優勝エンペラー選手。2位ライト選手。3位SADA選手。
IMG_20200202_113159.jpg
おめでとうございます……1名不審者が。

続いてジュニア(の心をもった大人たちの)クラス
IMG_20200202_111258.jpg
優勝Jrエンペラー選手。2位JrSADA選手。3位Jrえーす選手。おめでとうございます。
IMG_20200202_111320.jpg
エンペラー選手はダブル優勝、SADA選手はダブル入賞と絶好調なレースでした。

次回は3月8日開催予定です。
皆様ご参加くださいませ。
スポンサーサイト



本日は

火曜日は定休日ですが本日は祝祭日のため営業しております。

皆様お越しくださいませ。

ミニッツ4×4 レディセット ジムニーシエラ

この春話題の新製品着弾カッコカリ!
IMG_20200207_134804.jpg
ボディはジムニーシエラでした。
IMG_20200207_135242.jpg
ステアリングのドラッグリンクや2リンクサスなどシャーシ裏側は見どころたくさんですが、そのあたりは某RCマガジンに詳しくきれいな写真が載っていますので割愛。

こちら走行動画。ウルトラショートですが。
https://www.youtube.com/watch?v=N6fK-kHx4uE&feature=youtu.be

ミニッツ4×4の個人的感想をつらつらと。
ボディマウントが初見殺し。同じくシャーシ側のスイッチも初見殺し(どちらも2回目からは気にならなくなります)。
サスペンションがウルトラやわらか。が、フリクションダンパーのためボディがビョンビョン(語彙不足)動く。オプションでオイルダンパーが発売されれば問題クリアでしょう。
急降坂でもピタっ(語彙不足)と止まる。
ステアリングの切れ角がけっこうある。
スピードが思ったよりも遅い(良い意味で)。が、もっと遅くてもよかった。
ジムニーボディには少々タイヤが小さいか?(おそらくトヨタ 4ランナーのサイズに合わせてある)
贅沢な要望としてはコンピュータープロポ対応のシャーシキットも発売してほしい。

「で、結局どうなのさー日向」
おすすめの一台です。ネガティブポイントもあえて言えばレベルですので、お座敷クローラーには最適。
IMG_20200207_135232.jpg

気になる方はサンプルキットがあるうちに当店までおいでくださいませ。





NHK的な その3

発見したフィルムは確かに研三の飛行する姿が記録されていました。
あとは山本雄一氏に見ていただくだけだったのですが、なんとここでNGが。

そのあたりの顛末は、なるほどお役所とはこういうものかと言わざるを得ないものでした、としておきましょう。
詳しく書くと角が立ちそうですので。

残念なことに、山本雄一氏はフィルムを観ることなく他界されてしまいました……。
フィルムが現存し発見されたと知って、なおその映像を見ることのできなかった胸中の無念は幾何だったでしょう。

ここでも交渉を重ねていたS氏も、この出来事には憤慨し、日頃にない行動力を見せ始めます。
このあたりも角が立ちそうですので割愛。
最終的にS氏の行動が実ってこの度「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」において
特別企画展「スピードを追い求めた幻の翼 研三―KENSAN―」
http://www.sorahaku.net/event/1000810.html
が開催されることとなりました。
企画から一年がかりのプロジェクトも明日から開催です。

途中いろいろあったことをS氏から聞かされましたが、最終的には収まるところに収まったのではないのか、というのが部外者の感想です。
博物館側がすんなりフィルムを見せてくれていたならば、この企画はなかったか当分後になっていたでしょうから。
山本峰雄氏、山本雄一氏も、自分の仕事、父の仕事を今の世の人に知ってもらえて満足されていることと思われます。

IMG_20190407_155304.jpg
こちらの研三も博物館の展示スペースに飾ってあると思われます。まさに今の時刻、S氏が着陸脚を取り付けていることでしょう。
お近くの皆様、興味を持たれた皆様、ぜひ「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」へお立ちよりくださいませ。
……かかみがはら航空宇宙博物館の宣伝になってしまったようなそうでもないような。


閑話休題へ続く

NHK的な その2

研三は東京帝国大学航空研究所所員、山本峰雄氏が主任設計者で完成させた機体です。
この山本峰雄氏もなかなかすごい人なので、気になる方はググってみてください。

もう鬼籍に入られているのですが、この方のご子息、山本雄一氏と私の友人、仮にS氏としておきましょう、が縁あって親しくさせていただいたようで
ご父君である山本峰雄氏のお話を拝聴したそうです。

ある時、山本雄一氏がS氏に「昔研三の飛行フィルムを見た覚えがある」と話されたのが始まりでした。
その時すでに山本雄一氏も高齢でしたので、亡くなる前に父の仕事をまた見ておきたい、との思いが募られたのでしょう。
幸い終戦後、山本峰雄氏が所蔵していた資料などは博物館に寄贈されていたのでフィルムも見つかるはずでした……。

見つかりませんでした。正しくは博物館の収蔵庫のどこにあるかわからなくなっていました。
ここでS氏が博物館側と粘り強く交渉し、整理されていない収蔵庫から件のフィルムを探す許可を得ます。
しかし大量の収蔵物の中から目当てのものを探すのは、藁束から針を見つけるにも等しい難行……。
S氏は気合を入れて一つ目の箱を開封しました。
その箱が研三のフィルムなどの入った探し物の箱、大当たりでした。
その時のことをS氏は私に言いました。「人のうかがい知れないものがあるのかもしれない」と。

さてこれで一件落着、あとは山本雄一氏にこのフィルムを見てもらうだけだったのですが……。

続く

もっと詳しく知りたい方はこちらのサイトへどうぞ。
https://ameblo.jp/akaitubasanosekaikiroku/entry-12524540220.html
S氏が山本雄一氏の遺志をを受け継いで管理しているブログです。

NHK的な その1

※ラジコンもプラモデルも関係ない話です、多分。

今週の朝のNHKニュースで「研三」の話題が取り上げられていました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200204/k10012271261000.html
「研三」とはなんぞや? の説明はググるかリンク先の記事を見てもらうのが一番なのですが、
アニメ「ガールズ&パンツァー最終章」第1話で開会式の時に上空をとんでいた飛行機というのがもっとも露出が高そうです。
キット自体も1/ 72 レジンキットが発売されているくらい。

なぜこんな話をするかというと、
IMG_20190407_155304.jpg
1/ 32 の「研三」が当方にあるからです。もちろんフルスクラッチ。
「ガルパン」人気にあやかったわけではなく、私の友人が製作したものです。
IMG_20190407_155244.jpg
当店には1/ 32の雷電、紫電改などが飾ってありますが、それらと比べると研三は翼が小さいのが印象的です。
戦闘機ではなく最高速度を目指した機体だからなのでしょう。
IMG_20190208_144930.jpg
サーフェイサー状態。

ここまでならば、へー凄いね、で終了なのですが、もう少し続きがあります。
この研三の模型の製作者、前出のNHKのニュースの中心人物なのです。大げさに言えばこの人物がいなければこのニュースもなかったでしょう。

その裏話を少々したいと思います。

続く
プロフィール

くすのき

Author:くすのき
ラジコン天国徳山です
ラジコン、模型などの情報をお伝えしていきます

住所
山口県周南市清水町14

営業時間 AM10:00~PM8:00

休日 毎週火曜日(祝祭日は営業)年末年始

開催イベント

第1日曜日
1/10RC
タミヤチャレンジカップ開催

第2日曜日
ミニ四駆レース開催

第4日曜日
ミニッツレース開催 


お問い合わせ
TEL 0834-31ー9597
FAX 0834-31-9397

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる