ボディ塗装をしてみよう その2

ベルダーガボディ塗装の続きです。
単色でも良かったのですが、デコボコのすくない形状なので、簡単なツートーンカラーに。
HI3G0wtwetwe018.jpg
表からデザインを書き込んでおくとマスキングしやすいです。

さて、今回はラップ塗装をしてみましょう。
まずポリカ用塗料スモークを吹き付けます。
全体に吹き付けた後、すかさずクシャクシャにしたサランラップでトントンたたきます。
強く押し付けるようにすれば模様は大きく、ソフトタッチで行えば細かい模様になります。
CAMOKX36.jpg

そのあとメインとなる色を吹きます。おススメは半透明のフロストカラー。
今回はフロストブルーとフロストレッドを調色して紫っぽくしてみました。
調色した色を吹きつけます。あまり濃く吹きすぎると、模様がわからなくなるので注意が必要。
その後シルバーを吹きつけるのですが、よりきめ細かいメタリックにしたかったので、サテンシルバーアルマイトを使用します。
CAUJR87K.jpg

表はこんな感じ
CAQANLAM.jpg
このままではサテンシルバーの塗膜が弱いのと、輝きが足りないためブラックで裏打ちをします。

アルマイトスプレーを使用した事のある人はご存知ですが、アルマイト系はとにかく塗膜ガ弱い!
普通にブラックを吹き付けると、シンナー成分で確実に輝きが失われます。さて、どうするか……

前もってコチラのスプレー、
CAD56BZ7.jpg
クレオス トップコートをサテンシルバーの上に吹き付けます。
水性塗料ですので塗膜を侵しません。
充分乾燥したところでポリカスプレーのブラックを吹きます。
注意点は、ブラックを吹き付けるときにボディにあまり近づけずに、数回に分けて薄く塗り重ねることです。
薄く吹いては乾燥させ、薄く吹いては乾燥させ、と焦らずにやりましょう。

完了したのがこちら。
CAI7DC08.jpg
模様がハッキリしてきました。

このあとフロント部分のマスキングをはがして塗装します。

続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くすのき

Author:くすのき
ラジコン天国徳山です
ラジコン、模型などの情報をお伝えしていきます

住所
山口県周南市清水町14

営業時間 AM10:00~PM8:00

休日 毎週火曜日(祝祭日は営業)年末年始

開催イベント

第1日曜日
1/10RC
タミヤチャレンジカップ開催

第2日曜日
ミニ四駆レース開催

第4日曜日
ミニッツレース開催 


お問い合わせ
TEL 0834-31ー9597
FAX 0834-31-9397

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる